上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
甲子園が終わりましたね。

今年は私がお世話になった学校が複数校出場し、故郷の秋田勢では能代商業が活躍し、そして東北青森の光星学院が躍進しと熱い甲子園でした。

こういった高校のスポーツ教育はすごいと感じる一方で、スポーツ一辺倒になっている学校さんも見受けることがあります。

全国大会で勝つにはこれぐらいしないとダメだ、という指導ですね。これに頭を痛めている校長さんも知っています。

日本の場合、とにかく極端になりがちで、スポーツ特待で学校に入った生徒は、勉強は二の次でスポーツに打ち込ませるということが常態化する場合が多いでしょう。

学校にスポーツしに行く・・・
悪いとは言えませんが健全とも言えませんね。

なぜなら、その生徒がスポーツを仕事として生きることが出来るかどうかまだわからないからです。全員がプロの選手となって、引退後も何らかの形でスポーツに携わって生きていくことができるのであれば、こういった制度は歓迎するところですが、現実はそうではありません。

一方、アメリカでは高校スポーツは日本ほど盛んではありません。それより大学のスポーツの方が人気があります。例外はありますが、多くのプロスポーツ選手は大学での経験を経てプロへ進みます。

アメリカの大学スポーツを観戦すると、選手紹介で妙なデータがあります。それはGPAです。

GPA、いわゆる平均成績です。

全国ネットのテレビで選手の成績を晒すわけです。

これ、すごいことだと思いません?しかもそのGPAは驚くほど高いのです。GPAが3を下回った選手は見たことないです。

これにはカラクリがあって、レギュラー選手には大学から専属の家庭教師がつき、勉強をみてやるのです。もちろん、GPAが悪い場合、どれだけうまい選手でもレギュラーから落とさなければならない場合もあるので、きつい事はきついと思いますよ。しかもこの家庭教師になる院生はそれで奨学金が出ている事が多く、自分の受け持ちの選手がレギュラー落ちでもしようものなら奨学金カットになりますから、こちらも熱が入ります。

私がいた頃のアメリカの大学スポーツはこういった事は普通にやられていました(今は分かりませんが)。この制度はすごいな、と感心しました。

なぜこういった制度ができて行ったのかというと、アメリカ人的な発想ではありますが、スポーツじゃ一生食べていけないってことなのです。

どんなにがんばっても、現役で活躍できるのは20代かから30代前半まで、40代で活躍したらスーパースターです。いずれは引退するわけで、第二の人生のため、学べる時には学ぶべきであるという発想ですね。

教育という観点からいえば、正しいでしょう。

もうひとつアメリカの大学スポーツの面白いところは、練習時間が短い事です。短いと言っても、日本に比べて、という意味です。朝から練習なんて見たことないです。

レギュラー選手は授業もちゃんと出ますし、教員もフットボールのレギュラーだから授業に出なくていいなんてことは言いません。

必然的に練習できる時間は短くなります。

私も格闘技のコーチを10年ほどした経験から、長時間練習させるのは、コーチにとっては都合の良い事であっても、選手にとって良い事とは限らないです。

コーチの手腕は、短時間の練習で効率よく選手を強くすることにあります。

実はこれはマネジメントに通じるところがあります。

マネジメントとは、限られたリソースを最大限に使い、最高の結果を引き出すことです。

スポーツでは、人、モノ、金、そして時間は限られています。それを有効に使い、最高の結果を残すことこそがコーチの役目であります。

だから、アメリカのスポーツ界で目覚ましい活躍をしたコーチはビジネス界に歓迎され、公演など引っぱりだこになります。

そのせいか、アメリカのスポーツコーチはデータを重視し、選手一人一人に合わせた練習メニューを作っていきます。

前のエントリーでも紹介した、
メンタルアドバイス
こういったデータも重視し、どうやったら効率よく選手が強くなるか、うまくなるかを考えていくことになります。

今日本のスポーツ界のみならず、ビジネスの世界で、必要とされているのは、必要以上に時間をかけることではなく、データをしっかりと分析し、短時間でも効率よく最高の結果を生みだすマネジメント力ではないでしょうか。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2000/07)
P・F. ドラッカー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2011.08.22 Mon l マーケティングとリサーチ l コメント (0) トラックバック (0) l top
文部科学省が、「東日本大震災・子どもの学び支援ポータルサイト」というのを開いています。
http://manabishien.mext.go.jp/

試み自体は素晴らしく評価できるのですが、運用がこれで良いのかという疑問がつきます。
このサイトの目的がこうなんだと言われれば仕方がないと思うのですが、どうもしっくりきません。

というのもこのサイトは、ある意味掲示板的な機能が主であり、支援したい人・団体と支援を必要としている人・団体へ場の提供をしているというものです。

見てみると、支援提案の一覧は多くの方々の支援リストが並んでいますが、支援要請の方は少ないです。支援要請となると、被災地の人・団体になりますから、その方面の方々がこのサイトの存在を知っているのかどうか疑問ですが、それは置いておくとしても、このサイトに支援要請を書き込むことが現実的にできるのかどうかというのは大きな疑問ではあります。

また、支援を申し出ている人のリストの内容が多岐にわたっており、支援を欲している人・団体が合致する支援提案を探すのは骨の折れる作業であると感じます。

また、こういった支援等はアンマッチが生じてしまうのは常でしょう。それだけに当事者・団体同士の直接のやり取りではなく、中間に立つ人・団体が重要になってくると思います。

中間に立つ人・団体が場を提供しますから後は直接やりとりしてくださでは、うまくいくものもうまく機能しなくなる恐れの方が大きいです。

支援する側と支援して欲しい側の意図がズレてしまうと、せっかくの支援も台無しとなってしまいます。

こういった時に、中間に入り交通整理をする人は、マーケティングの視点を持つべきだと思います。マーケティングとは極論するとコミュニケーションです。物を欲する人と供給する人の間で双方とのコミュニケーションを取り、そのバランスを測ります。そのコミュニケーションを通して、何が欲されているのかを的確に見通すことがマーケティングの担当者には必要とされます。

その為の、基礎調査などもコミュニケーションの一つです。

企業でもマーケッターは商品やサービスを提供する側にいながら、立ち位置は消費者側にいることになります。消費者側の立場に立って、何が必要かを見抜いていくのが必要とされるスキルです。

これは被災地支援でも一緒で、支援を必要としている人が何を欲しているのかをしっかりと見極める仕事をする人が必要だと思い、それにはマーケティングの視点が最も適していると考える次第です。
2011.04.18 Mon l マーケティングとリサーチ l コメント (0) トラックバック (0) l top
マルチクライアント調査というと多分調査業界にいない人にとっては何のことかわからないと思います。

これは、ある調査企画に対して、数十社程度でお金を出し合ってその調査のスポンサーになり、調査結果をもらうという手法です。

市場調査はお金がかかるというのは、このブログでも何度かお話ししましたが、インターネット調査の出現で調査費用は安くなったとはいえ、安くても数十万から数百万単位のお金がかかります。

私が経験した1回の調査での最大費用は一億円というのがありました。1回じゃないシリーズの場合、こちらにも書きましたが、億単位のお金をかけた調査の経験はあります。

アンケート調査ごときになぜこんなに費用がかかるのか、と調査に携わったことのない人は不思議に思われますが、なにかと費用を積み上げていくと、結構な費用がかかってしまいます。

そこで、ひとつの調査に対して、クライアントあたりの調査費用の負担を軽減し、調査結果を提供できないかという事で始まったのがマルチクライアント調査です。

この調査は、クライアントが複数社になりますが、通常クライアント同士は誰がクライアントに名を連ねているのかを知ることはありません。

以前、学校さんの募集に関わる市場調査で、マルチクライアント調査を企画した事がありますが、企画そのものを理解して頂く事が出来ずに、没になりました。

一人あたりの負担を軽減し、フルサイズの調査結果を得るという意味では良いと思うのですが。
2011.04.11 Mon l マーケティングとリサーチ l コメント (0) トラックバック (0) l top
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000002-sh_mon-bus_all
朝食自宅派とオフィス派、年収200万の差

元記事→http://moneyzine.jp/article/detail/195251

こちらの記事、あまりにひどい調査分析だったので、ちょっとあきれてます。

また、これを記事にする記者さんもどうかと思います。

ダメな調査分析の典型という意味では良いと思います。

これ、何がダメなのかというと、年収と朝食を家で取ることに相関関係はあっても因果関係はないはずなのに、さも因果関係があるかのように分析しています。しかも、年齢を全く無視しています。

本来であれば、年齢区分によってクロス集計し、場合によっては年齢と年収での3重クロスもしてようやく結果を導けるものです。

この記事から予測できるのは、若い世代は当然のごとく年収が低く、共働きも多いから朝食は家で取らない場合が多く、年齢が進むにつれて、年収が増え、専業主婦によって朝食が準備されるので、家での朝食率が増える、となります。

もっと言えば、夫の年収が多ければ妻は外に働きに行くことはなく、朝食が必然的に出てくるという事でしょう、つまり、結論は逆なのです。

データをみたわけではないので、何とも言えませんが、大方予想はつくと思います。

それをこれみよがしに、朝食を家で取ることが高給につながるというのは無理があります。これはそんな意図があるのかは知りませんが、見え透きすぎてて怖いぐらいです。

私が調査会社にいた頃、こんな分析したら上司から叱り飛ばされたところですが、今はこんなのが記事になるのですから、ちょっと気が滅入りますね。
2011.04.04 Mon l マーケティングとリサーチ l コメント (2) トラックバック (0) l top
震災で日本がかつてないほどの国難に立ち向かっています。

そんな時に普通に仕事などできないというのは、ダメかなと思えるのです。こんな時だからこそ、日本経済を支えるためにも、被災地にいない人々は普通に、極力今まで通り仕事をしていくべきだと思います。

従って、当ブログも、平常通りに致します。

ただ、私も被災地に親族、友人が数多くいて、息子も被災地救援で現地に入っています。決して被災地を忘れることはないでしょう。


さて、顧客の不満を吸収する目的でアンケート調査をしたいという要望からお仕事を頂くことがあります。私の経験からすると、不満の場合、普通のアンケートだと吸収できない場合が多いです。なので、私の場合、特別に不満足度調査という私オリジナルの調査票(アンケート)を使います。これだと、結構効率的に顧客の不満点を吸収し、改善点が明らかになります。

ただ、アンケートはただ取りさえすればいい、あるいは、アンケートは顧客の不満を吸い上げるポーズでしかなく、アンケート自体にあまり意味はなく、集計や分析もしないという場合もあるにはあります。

なんかもったいないですよね。

アンケート用紙1枚だって、印刷して配布すればお金がかかります。だったらそれにみあったデータをちゃんと取った方が得だと思いませんか。

データが全てではありませんが、データがあれば良かったと思う事の方が多いと思います。
2011.03.22 Tue l マーケティングとリサーチ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。