上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今回は、仕事を離れてコーヒーのお話です。
私はコーヒーが大好きなのですが、先日お気に入りのコーヒー豆がきれました。

いつも珈琲問屋さんというネット通販で買っています。

便利な世の中になったと思います。
自分で気に入るコーヒー豆を求めて、いろんなお店に行きましたが、結局見つけたのはネットの通販です。

ここのコーヒーは正直言って最高です。

私のお気に入りは、「コクのあるブレンド」です。ネルでいれるので、これをフルロースト、荒挽きで頼みます。

コーヒーは同じブレンドでもローストの時間で味が全く変わるのを知ったのもこのお店のおかげでした。

以前、こちらが注文したローストよりも短い時間でローストされたコーヒーが届きました。開封時にはわからなかったのですが、コーヒーをいれて飲んだ瞬間違う…と気付きました。よく見ると色も少し薄いか…。このお店は、ロースト時間などをラベルに書いてあるので確かめたら、やっぱり違っていました。

すぐお店に電話しました。お店の人はご丁寧な対応で、謝って頂き、すぐ別のものを送ると対応してくれました。こちらでよく確認もせず開封したにもかかわらず、新しいコーヒーを送ってくれたのはまさに感動でした。

それ以来、コーヒー豆はこのお店と決めています。

私はこのお店からお金をもらっているわけでもないのに、それどころかお金を払ってコーヒー豆を買っているのに、こんなに宣伝してしまいました。こういう状態を、「感動マーケティング」と私は呼んでいます。お客が感動したら、その体験は人に話さずにはいられない、という心理状態です。

クチコミを作るって結局こういうことなんですよね。どれだけびっくりさせ、感動させるか、これがマーケティングの肝ですね。


スポンサーサイト
2010.05.28 Fri l 日々の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。