FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
幼児が母国語のように英語を吸収していく、これって理想ですよね。

当然、私がいた幼児英語教材会社もそれを狙って開発されていました。

メソッドも「母国語~~」と謳っていましたから。

ところが、日本のどの教材も、あるいは教室もアメリカ人の幼児が最も多く聞く言葉を教材にほっとんど取り入れていないのです。

アメリカ人の幼児が最も多く聞く言葉、イギリス人はどうか分かりませんが恐らくイギリス人もそうでしょう。日本人だってそうだと思いますよ、もちろん日本語で、ですけど。

それは、

I Love You.

です。

生まれてきてくれてI Love You.

泣いてくれてI Love You.

笑ってくれてI Love You.

ご飯を食べてくれてI Love You.

寝てくれてI Love You.

朝起きたらI Love You.


幼児英語教材会社に長年いても気がつきませんでした。

いえ、恐らく会社の中にいたら気がつけなかったでしょう。

今、私は幼児の英語教育を担当するのですが、できるだけこの言葉を使って行こうと思っています。

この言葉をより多く聞いた子たちは、きっと優しい心を持った大人になってくれると思うのです。
スポンサーサイト
2012.09.25 Tue l 幼児教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。