FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
体罰が原因で生徒が自殺するという痛ましい事件がありました。

とてもやりきれない事件です。

体罰のお話をすると、必ず賛否両論になり、落ち着くところがありません。

体罰容認派の意見も、傾聴するに値するのですが、私はやはり体罰反対派です。

私が小学校から高校までは、学校での体罰というのは日常茶飯事でした。私の年代では、教師の体罰は問題にすらならなかったと思います。それこそ、殴られなかった人を探すのが大変ではないでしょうか。

正直、指導者に殴られて覚える事は何もないと思ってます。

元プロ野球選手の桑田さんが非常に良い事を言ってます。

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/0111.html

これは、スポーツに限らず、教育・指導に関わる人、みんなに読んで欲しいと思います。

私は、体罰は教育でも指導でもないと思います。体罰は相手を安易に従わせるためだけのものでしかないとすら思います。

しかも体罰という形の暴力は、それをふるう側はふるわれる側よりも立場が上であることから、ふるわれた側は、抗う事も逆らう事もしづらいという特異性があり性質が悪いと言わざるを得ません。

そんないびつなものは、無くなっても問題ないと思います。

私は、武道・格闘技を学び、また指導する立場にいたことがあります。その時も一度として体罰をふるわれた事も、ふるった事もありません。

私が、総合格闘技の指導者として生徒に向き合う時、エディ・タウンゼントさんの「ハートのラブ」という言葉を常に心に留めていました。

エディ・タウンゼントさんは、ボクシングが好きな方ならお分かりだと思いますが、戦後アメリカから来て世界チャンピオンを何名も育てたトレーナーです。あのガッツ石松さんもエディさんに育てられた一人です。

そのエディさんが日本に来た時、ジムにあった竹刀を一掃させたそうです。その時エディさんは、

「アレ捨ててよ。アレあったら僕教えないよ! 牛や馬みたいに叩かなくてもいいの! 言いたいこと言えば分かるんだよ!」
「リングの上で叩かれて、ジムに帰って来てまた叩かれるのですか?ワタシはハートのラブで選手を育てるネ」

と言ったそうです。

「ハートのラブで選手を育てる」これこそ現代の教育や指導に関わる人達が必要なことではないでしょうか。
スポンサーサイト
2013.01.12 Sat l 教育ニュース l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://relabchildren.blog106.fc2.com/tb.php/155-db00c152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。