FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大阪の体罰があった学校で、部活動の無期限停止や体育科への入試の中止要請など、どう考えてもおかしなことが起きているようで、大人の良識を疑います。

今回、問題になったのは指導した教師のはずで、彼らを含めた管理職、教育委員会への懲罰はあっても、生徒を巻き込む処分は必要ないはずです。

どうしてこのようなことがまかり通るのか、理解に苦しみます。

大人の都合で子どもを犠牲にする事はあってはならない事だと思います。


それと、テレビのニュースなどで記者会見する校長先生の様子が何とも歯切れが悪く、どうなってるんだこの学校?などと言う思いでニュースをみる方も多いと思います。

校長先生を擁護するわけではないのですが、裏事情を知るものとしては、校長先生に少しばかり同情してしまいます。

実は、全国大会へ行く部活動の指導先生と校長先生には微妙な関係があります。

全国大会へ行くような指導をする教師は、ひとたび学校の外に出れば、地域のスポーツ協会などでは重鎮扱いされる事が多く、校長先生をないがしろにするケースは多いです。また、学校でも校長など管理職がその指導方法に口を挟もうものなら「全国大会へ行けなくてもいいのか」などと恫喝まがいな事がまかり通り、それが長年続いていくとワンマンな指導がさらに助長されて行きます。

こういった件で校長先生から相談されることも、正直あります。

これは、典型的な目的と手段を履き違えているといえます。

学校での部活動は、教育の一環であり、生徒の教育・人格形成が目的であり、その手段として部活動が用いられるはずです。

しかし、全国大会へ行くために、本来手段である部活動が目的となってしまうので、体罰もエスカレートしていきやすくなります。

こういった現象が起きるのは、みな大人の都合でしかありません。

繰り返しますが、大人の都合で子どもを犠牲にする事はあってはならない事だと思います。

<追記>

その後、生徒が開いた記者会見はちょっと…。あれはないです、残念ですね。
あれ、やらせたのは誰なんでしょうね?
裏でこそこそ隠れていて、子ども使うなんてみっともないです、はい。

それと、この事件は結局これで真摯に原因を話し合い、二度とこのような事が起きないようにすることが今後できなくなりそうな気もします。一旦ここで幕引きみたいな雰囲気がありますから。

本来だったら、入試中止とかの前に、しっかりとした調査をし、議論を尽くすべきだと思います。そして、体育科だけの問題だったのか、当該高校全体の問題か、しっかりと結論を出さないと防止策もできないと思います。そうしないで、今後の学校のあり方を決める事って無理ですからね。

スポンサーサイト
2013.01.16 Wed l 教育ニュース l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://relabchildren.blog106.fc2.com/tb.php/156-8ebd918c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。